ITパスポート – シラバス5.0の新単語一覧表【テクノロジ編】

シラバス5.0の新単語一覧表【テクノロジ編】IT資格
IT資格

この記事はITパスポートテクノロジ分野におけるシラバス5.0の新出単語の一覧表になります。

語句については、『ITパスポート試験ドットコムの用語辞典』から抽出したものを一覧でまとめました。語句の意味に関しては分かりやすい文章へ適宜変えています。

この記事に書いてあること
  • テクノロジ分野のシラバス5.0の新出単語の一覧

シラバスについての詳細は下記記事をご覧ください。

スポンサーリンク

シラバス5.0新単語一覧:テクノロジ編

基礎理論

応用数学

  • 相関分析
    • 2つの要素間にある関係性を分析する手法 

情報に関する理論

  • 演繹推論【えんせきすいろん】
    • 述語論理の1つで、文章を普遍的な事実から結論へと推論する手法
  • 帰納推論【きのうすいろん】
    • 述語論理の1つで、大量のデータなど複数の事例から類似点を導き出し、結論を引き出す方法
  • ニューラルネットワーク
    • 人間の脳内にある神経回路を、表現するための数学的なモデル
  • 活性化関数
    • ニューラルネットワークにおいて最終的な出力値を得るための関数
  • ディープラーニング
    • 大量のデータをニューラルネットワークで解析して、データの特徴を抽出,学習する技術

コンピュータ構成要素

入出力デバイス

  • DisplayPort
    • 機器同士を接続することで映像・音声を出力できるインタフェース規格

システム構成要素

システムの構成

  • VM【Virtual Learning】
    • コンピュータ上にソフトウェアによって構築された仮想的なハードウェア環境
  • VDI【Virtual Desktop Infrastructure】
    • サーバ内に仮想マシンを用意して仮想デスクトップ環境を構築する技術

システムの評価指標

  • コールドスタンバイ
    • コンピュータシステムの障害対策として、予備機を通常は使用しない状態にしておく形態 障害発生時に運用担当者が予備機を立ち上げて本番機から予備機へ切り替える方式
  • ホットスタンバイ
    • コンピュータシステムの障害対策として、予備機をいつでも動作可能な状態で待機させておき、障害発生時に即時に切り替える方式

ソフトウェア

オフィスツール

  • ピボットデータ表
    • エクセルなどが持つリスト形式で用意されたデータを任意の形式で分類し集計する機能

ヒューマンインタフェース

ヒューマンインタフェース技術

  • ユーザビリティ
    • Webサイトやソフトウェアなどの操作性の良さを示す指標
  • VUI【Voice User Interface】
    • ユーザインターフェースの1つで、音声を使用してコンピュータやデバイスを操作する技術
  • UXデザイン【User Experience Design】
    • 利用者の体験や気持ちを実現する仕組みをデザインすること

インタフェース設計

  • モバイルファースト
    • モバイル端末を利用するユーザを中心になることを想定したコンテンツ制作を行っていく手法
  • ピクトグラム
    • 情報を言葉ではなくシンプルな絵で伝える記号(絵文字)

マルチメディア

マルチメディア技術

  • エンコード
    • データを一定の規則に従って、他のデータ形式に変換する(圧縮・暗号化など)こと
  • デコード
    • エンコードされたデータを一定の規則に従って、元のデータに戻すこと

データベース

データベース設計

  • データクレンジング
    • データベースに様々な形式で蓄積されている生データに対して処理を行い、解析ができるようにデータを整える作業のこと

トランザクション処理

  • トランザクション
    • データ処理の一貫性を保つために、関連する処理をひとまとまりにして実行・管理する仕組み
  • ACID特性
    • トランザクション処理の4つの性質 Atomicity(原子性)、Consistency(一貫性)、Isolation(独立性)、Durability(永続性)の頭文字
  • デッドロック【Dead Lock】
    • 複数のプロセスが共通の資源を排他的に利用する時、お互いに相手のプロセスが占有している資源が解放されるのを待っている状態
  • 2相コミットメント【2 phase commit】
    • 分散データベースシステムにおいて、トランザクション処理の整合性が保てるよう2段階に分けてコミットを行う手法
  • チェックポイント
    • データベースにおいてトランザクションの更新情報が、ディスクに書き込まれるタイミング
  • ロールバック
    • トランザクションの途中に障害が発生した時、更新ログを用いてデータベースをトランザクション開始直前に戻すこと
  • ロールフォワード
    • データベースに障害が発生した時、更新ログを用いてチェックポイント以降にコミットされたトランザクション情報に戻すこと

ネットワーク

ネットワーク方式

  • Wi-Fi Direct
    • 無線端末同士が直接Wi-Fi接続する通信方式
  • メッシュWi-Fi
    • メインルーターとサテライトルーターを複数設置することでWi-Fiの接続範囲を広げる仕組み

ネットワーク応用

  • ハンドオーバ
    • 無線端末が移動に伴って通信を行う基地局やアクセスポイントを切り替えること
  • ローミング
    • 契約した通信事業者のエリア外であっても、他の通信事業者の通信網を使い通信する機能
  • MIMO【Multiple Input Multiple Output】
    • 送信側と受信側が複数のアンテナで同時転送することにより、通信速度を高め通信距離を伸ばす方式

セキュリティ

情報セキュリティ

  • ビジネスメール詐欺
    • 取引先等になりすまして偽のビジネスメールを送り、金銭をだまし取る詐欺の手法
  • ダークウェブ
    • 一般的なブラウザではアクセスができず、通常の検索ではたどり着けない秘匿されたWebサイトのこと
  • クリックジャッキング
    • Webページの前面に透明化した標的サイトを配置し、利用者が気づかないうちに標的サイト上で不正操作を実行させる攻撃手法
  • MITB(Man-in-the-browser)攻撃
    • 通信の間に侵入し不正な手段を用いて通信を盗聴したり、通信内容を改ざんしたりするサイバー攻撃
  • 第三者中継
    • 外部の利用者がメール送信(SMTP)サーバを使ってメールを送信すること また、SMTPサーバーが外部からの送信を受け付けていること
  • IPスプーフィング
    • IPアドレスを偽装しなりすまして攻撃を行うこと
  • クリプトジャッキング
    • マイニング(仮想通貨を入手するための膨大な計算作業)を他人のコンピュータで秘密裏に行わせること
  • ポートスキャン
    • 不正アクセスの下調べや脆弱性検査で使われる、アクセス可能な通信ポートを外部から調査すること

情報セキュリティ管理

  • SECURITY ACTION
    • 中小企業が情報セキュリティ対策に取り組むことを自己宣言する制度

情報セキュリティ対策・実装技術

  • WAF【Web Application Firewall】
    • Webサイトに対する通信を監視することで、アプリケーションの脆弱性を狙った攻撃からサイトを保護するセキュリティ対策
  • IDS【Intrusion Detection System】
    • ネットワークを監視し、異常な通信を検知したら管理者に通知するシステム
  • IPS【Intrusion Prevention System】
    • ネットワークを監視し、異常な通信を検知したら通信を遮断するシステム
  • SIEM【Security Information and Event Management】
    • 様々な機器のログを解析することで不審なアクセスを検知する仕組み
  • セキュアブート
    • PCの起動時にOSやドライパのディジタル署名を検証することで、不正なマルウェアの実行を防ぐ仕組み
  • TPM【Trusted Platform Module】
    • コンピュータに内蔵されるセキュリティ関連の処理機能を実装したチップ
  • PCI DSS【Payment Card Industry Data Security Standard】
    • クレジットカード情報保護のためのグローバルなセキュリティ基準
  • WPA3【Wi-Fi Protected Access 3】
    • WPA2の後継となる無線LANのセキュリティプロトコル
  • SMS認証
    • スマートフォンのSMS(ショートメッセージサービス)を活用した本人認証システム
  • CRL【Certificate Revocation List】
    • 有効期限内であるにもかかわらず、秘密鍵の漏えい、紛失、規則違反等の理由により失効したディジタル証明書が列挙された一覧表

参考文献

スポンサーリンク
Dim雑記
タイトルとURLをコピーしました