応用情報技術者試験 – 100時間から受かる最短合格攻略法

応用情報技術者試験 - 100時間から受かる最短合格攻略法IT資格
IT資格

今回は『iパス・基本情報・応用情報を4ヶ月で合格したことを振り返る』でお話した、応用情報技術者試験(応用情報の合格攻略法を紹介します。この記事では、「試験の概要と必要な勉強時間」や「午前試験と午後試験の具体的な対策法」などについて書いていきたいと思います。

なお、追記では「基本情報を飛ばして応用情報を受けるのはアリ?」かどうかについても意見を書きました。

この記事に書いてあること
  • 試験概要・必要な勉強時間について
  • 合格への勉強方法
スポンサーリンク

試験概要と必要な勉強時間

ここからは試験概要具体的な勉強時間について書いていきます。

試験概要

基本情報は情報処理技術者試験の区分ではレベル3に分類されています。 基本情報よりさらに上の試験ですね。一般的な資格の中では難関資格ともいわれています。

試験形式と同じく、午前試験午後試験と別れています。それぞれ小問形式と大問形式で試験時間はどちらも150分間。合格点は午前午後の両方で60%以上の正答率が必要です。一見、基本情報とよく似ている形式に思えますが、基本情報とは大きく異なる点があります。

午後が記述式だというところです。大問が11問出題され、その中から5問(情報セキュリティは必須)を選択し解答します。

記述式であるため解答しづらいことに併せて、問題の難易度も全体的にレベルアップしています。

問題形式合格点試験時間
午前試験小問形式(選択)60%150分
午後試験大問形式(記述)60%150分

また、筆記試験であり日時と会場が指定されているのでCBT方式の基本情報とは違います。

勉強時間はどのくらい必要か

ネットで検索すると、応用情報に受かるには未経験からで500時間であるという意見が多いようですね。基本情報を合格する知識があれば、合格するに200時間~というのが一般的と言われていますがどうなんでしょう。

200時間~はちょっと盛ってる気がします。僕の場合基本情報を持っていて、応用の勉強は30時間くらい(午前午後の比率は半々)しかやってませんでした。本番では午後がギリギリで受かったので、運が良かった部分が大きい気がしますが、基本情報を持っている人は多くて100時間以上勉強すれば十分受かるレベルに達すると思います。

後、午後は運が絡んでくるので単純に勉強時間を増やせば確実に受かる、という訳ではない気がします。

応用情報合格への勉強方法

午前と午後それぞれ解説していきます。前提として、基本情報を持っているまたは基本情報に合格できる程度の知識量がある人を想定しています。

午前午後の勉強時間の配分

午前よりは午後の勉強を重視すべきだと思います。午後は記述なのである程度の慣れが必要です。僕も午後の勉強をおろそかにして点が低かったので、もっと午後の問題を解くべきでした。

午前試験で合格点を取れる見込みができたら早めに午後の勉強に取り掛かりましょう。100時間対策に費やすとしたら、午前と午後で40時間:60時間くらいの比率が良いでしょう。

午前試験編:過去問道場をやり込んでいく

基本情報と同じなのですが、過去問道場で過去問をひたすら回すのが一番早いです。基本情報と似た問題が多いので、それ程詰まらないと思います。そんなに古い過去問を解く必要はないので、直近から10回分くらいを解くのが良いでしょう。正答率は8割くらいを目指して、到達したら午後の勉強をしましょう。

おすすめのテキストについてですが、僕は『応用情報技術者 合格教本』を使っていました。

以下の記事で詳しい内容について紹介しているので是非参考にしてください。

この本は範囲を一通り網羅していることと、見出しごとに午前で出るか午後で出るかマークが書いてあるので分かりやすいです。本番でも持っていき、午後が始まる直前にセキュリティの章を見直してました。問題を解きつつ、問題の解説でどうしても分からないところがあった時に参考書でそこだけ読む、というやり方がおすすめです。 なお、最初からテキストを読み始めるのは推奨しません。時間が掛かるので非効率です。

午後試験:選択問題と勉強方法

選択問題を決める

午後試験の勉強を始める前に選択問題を事前に選択しておきましょう。全分野を勉強するのは非効率です。

関連記事で僕の主観ではありますが「おすすめな選択問題」を紹介します。

勉強方法-過去問を解く

過去問演習が一番の方法です。幸い、過去問道場には午後試験の過去問も掲載されています。わざわざ過去問の問題集を買う必要はありません。ここで、過去問は印刷して解いた方がいいです。本番に近い環境でやれるので練習になります。

情報セキュリティと事前に選んだ分野を、少なくとも直近10回分くらいは解いておきましょう。ついでに時間配分も意識しましょう。2時間半で大問5つなので、1つの大問は30分で解けるといいですね。

受験時の注意

次は受験する時に注意することを書きます。

午前試験編

解き終わって見直ししたら早めに退出しましょう。実質午後が本番なのでできたら早めに退出して、良さげな休憩場所を確保してご飯を食べて備えましょう。

一通り過去問道場をやっていれば労せず時間内に解き終わります。最後まで試験会場にいる意味はありません。早めに退出できればその分多めに休憩することもできるので、その時間で午後の最終確認などをできれば余裕を持って午後に臨めます。

午後試験編

午後試験の注意するポイントは時間配分問題の選択です。

試験を通して時間配分に気を付けましょう。詰まっても30分経過したらすぐに次の問題にいくことをおすすめします。どうせ大問1つで20点しかないので、選択した問題を全部解かないと点は伸びません。

試験終了する10分くらい前には問題を選択する箇所をちゃんと確認しましょう。選択間違いなどで点を落として不合格になるのは勿体無いです。意外と見落とすのでちゃんと確認することが大切ですね。

まとめ

以上が応用情報合格攻略法になります。

僕が受けた時やって良かったことは、午後の選択問題を事前に決めて勉強したことと、本番の午前で早めに退出したことです。逆に、僕が受けた時の反省点は勉強する時間が少なかったことです。

ギリギリ合格なのであまり大きいことは言えないのですが、僕のやり方が参考になれば幸いです。以上で記事を終わりにします。

追記 – 基本情報を飛ばして応用情報を受けるのはアリ?

ネットでは、「基本情報を受けずに応用情報受かった!」という話を見ることも多いです。実際基本情報を受けずに応用情報を狙っている人はいるかと思います。

僕はアリだと思います。基本情報はアルゴリズムとプログラミングの配点は50点と非常に高いので、苦手な人にはキツイですよね。

応用情報はプログラミングが必須ではないので、選択問題を文系問題でいけば合格することは十分可能だと思います。ただ、午前問題への対策に時間が掛かるということがデメリットになりそうですね。午前は基本情報と関わりが深いので、飛ばすとなると午前をしっかり勉強することが必要ですね。

スポンサーリンク
Dim雑記
タイトルとURLをコピーしました