【足の臭い対策】消臭効果の靴下が効果的だった話【商品レビュー】

日記・その他
日記・その他

今回は足の臭い対策靴下を新調したらめっちゃ匂いが軽減された話をしていきます。商品レビューがメインになります。

スポンサーリンク

僕の体質について:足が汗っかき

僕はどちらかといえば汗っかきな体質です。脇や背中はあまり汗をかかない方なのですが、手と足が多汗な体質なんですね。

多汗といっても病的なレベルではなく、手のひらがすぐ湿ってしまう程度です。足に感じても同じくらいだと思います。靴下を履いていると湿気てくるので家では素足が基本です。汗っかきであることで、手の方は実害はそんなにないんですが、足の多汗による臭いの問題に悩まされてきました。

高校生くらいからだったと思うのですが、1日中靴を履いていると湿気でこもった足が臭くなるんです。学生時代から、家に帰ると「足臭いんだけど〜」と家族から文句を言われてきました。基本的に人は自分の匂いには鈍感なものらしいのですが、僕でも足臭いなと思うくらいなので他人からしたらちょっとしたテロ行為です。

就職してからしばらくはテレワークメインの生活だったので足臭の問題は発生してませんでした。しかし、最近テレワークが解除され毎日出社するようになり、また足の臭いが気になるようになりました。

足の臭いに対して行った対策

次に、これまで僕が匂いに対して行った対策(最終的な解決にはならなかった)を紹介しています。

最初は臭い対策のために靴の消臭スプレーを買って革靴に吹きかけていました。購入した消臭スプレーは革靴にも使用できる「靴 消臭 抗菌 スプレー ドクターショール 無香料」です。

靴の消臭スプレー

まあ多少はよくなりましたが根本的な解決には至らず。考えてみれば靴を無臭にしても足が臭ってしまうのが匂いの大本になるんで、足をなんとかすることが解決方法なんですよね。対策無し状態の匂いレベルを10としたら、消臭スプレーだけだとレベル7くらいの効果でした。やらないよりかは全然良かったですね。

この消臭スプレーは革靴対応してるので仕事用の靴にも使うことができます。ただ1つデメリットがあって、革靴の表面に直接噴射すると一部分が白っぽく色落ちしてしまいました。靴墨を使うハメになったので靴に使うときは内部にスプレーしましょう。臭いは内部に籠もるので噴射するのは内側だけで十分です。またスプレーしても一定時間履いていると臭くなるので定期的にスプレーしてくと良いです。

その他に行った対策としては、風呂で石鹸を使って足をしっかり洗うことくらいでしょうか。ただこれは全然効果がありませんでした。臭いの原因は汗で蒸れたことによって発生してるので、結局の所あまり意味を為しませんでした。

靴下を新しくしたら匂いがほとんどしなくなった

困った僕はネットで色々と調べてみました。そこで得た情報が「古い靴下だと臭いやすいので靴下は定期的に替えましょう」です。

思い返すと、僕は靴下を学生時代から全然変えてませんでした。高校くらいからだとしても7~8年は替えていない計算になります。これはマズいと思って早速新しい靴下を購入しました。僕が購入したのは「(百方)【強力消臭靴下 驚きの伸縮性】アンクル丈ソックス」です。一応消臭効果があるみたい。

新しい靴下

靴下は6足入りでプラスチックの箱に入ってました。画像は既に3足使った後です。このプラ箱は何かに使えそうですね。最初サイズは小さめかと思いましたがくるぶしの上までしっかり伸びるので気になりませんでした。(僕の足サイズは25.5cmです)履き心地も柔らかく中々良いです。デザインはシンプルな黒一色で足の裏にロゴの文字が印刷されています。早速届いた靴下を履いて出社しました。

それほど消臭効果の期待はしてなかったのですが…これが効果てきめん!匂いレベルが1か2くらいまで減少しました。家に帰って靴下を嗅いでみても殆ど臭いません。感動しました。この靴下が凄いのか今までの靴下がダメなのかは判断付きませんが…天と地ほどの差を感じました。Amazonだと6足で1800円というコスパの良さも評価できます。ただ薄い商品なので耐久性は高くなさそうです。値段も安いので破れたり消臭効果が薄まったらまたリピートしようかなと思います。

反省しました。これからは定期的に靴下は新しい物を替えていこうと思います…。

まとめ

今回僕が伝えたかったことは「足の臭い対策には靴下が効果的」ということです。臭いの原因は汗であることが多いので、汗をしっかり吸ってくれる靴下を履くのがいいんですね。靴も消臭することで2重の対策になるので消臭スプレーは継続して使ってます。

結論として、消臭スプレーで靴の消臭を怠らないこと、靴下はちゃんとした物を履くことの2つがとても大事ですね!もっと早く気づけば良かったです。

以上で話を終わります。

スポンサーリンク
Dim雑記
タイトルとURLをコピーしました