【JavaSilverSE11】試験の申し込みを格安で行う方法

【JavaSilverSE11】試験の申し込みを格安で行う方法IT資格
IT資格

今回はIT資格であるJavaSilverSE11の試験を割安価格で申し込む方法と試験結果を確認する方法についてまとめていきます。受験形式はテストセンターでCBT方式での受験を想定しています。

この記事に書いてあること
  • アカウントの登録方法(Oracle・ピアソンVUE)
  • 受験するためのチケットの購入方法(楽天)
  • 試験の予約方法(CertView)
  • 試験結果(スコアレポート)の確認方法
スポンサーリンク

必要なアカウントの登録をする(Oracle・ピアソンVUE)

JavaSilverの試験はCBT方式であるため、テストセンターでパソコンを使って試験を受けることになります。試験の申し込みと結果の確認をするには「Oracle」と「ピアソンVUE」の2つのアカウントに登録する必要があります。

Oracleアカウントを登録する

先にOracleアカウントの方から登録します。下記URLにアクセスして登録を行っていきます。

日本オラクル | Integrated Cloud Applications and Platform Services

ピアソンVUEアカウントを登録する

次にピアソンVUEアカウントを登録します。下記URLにアクセスして登録を行っていきます。

Oracle|ピアソンVUE

チケットの購入をする(楽天)

Oracleの公式ページからでも試験のチケットを購入できますが、楽天でチケットを買うと2000円以上安く入手できます。公式ページからだと税込32,340円(税抜29,400円)で楽天だと税込30,180円となり2000円以上割安です。チケットは下記URLから購入できます。

【ピアソンVUE専用】Oracle監督付き試験用受験チケット(電子チケット)

購入するとチケット番号が記載されたメールが来るのでそれを使って試験の予約を行います。僕は購入後1時間ほどでメールが届きました。

試験の予約を行う

次に試験の予約を行います。下記URLから予約を行いましょう。

Oracle University | CertView

Login to CertView」をクリックし、先程作ったOracleアカウントでサインインしましょう。このような画面になります。右側のメニューの「Language」から日本語に切り替えることができます。

View exams」から試験を検索します。JavaSilverSE11を受験する場合、試験名は「1Z0-815-JPN: Java SE 11 Programmer I」になります。

「テストセンター」を選択すると、認定プログラムのポリシーの画面になります。「同意する」をクリックしましょう。試験会場の選択画面になります。会場と日時を選択すると受験コードの入力画面になります。ここに先ほどのコード(メールに記載されているチケット番号)を入力しましょう。

コードを入力後代金の合計が0円になり、このような画面になるのを確認したら「次へ」をクリックします。

最終確認画面になるので予約内容に間違いがないか確認して「予約内容の確定」をクリックします。これで試験の予約が完了しました。予約内容のメールが送られてきます。

試験結果の確認

JavaSilverの試験では試験終了時に結果(スコアレポート)が表示されます。また、紙面でのスコアレポートや合格書は貰えないので、スコアレポートが欲しい場合はWebで入手する必要があります。試験後にWebでスコアレポートを見るにはCertViewから見ることができます。

Oracle University | CertView

CertViewのメニューから「Exam Results」の下にある「Latest PVUE Exam Results」をクリックするとスコアレポートを見ることができます。

スポンサーリンク
Dim雑記
タイトルとURLをコピーしました