Java|変数のラッパークラスについて【違いと使う意味】

変数のラッパークラスについて【違いと使う意味】プログラミングの知識
プログラミングの知識

今回はラッパークラスについて、普通の変数型との違いやラッパークラスを使う意味について考えていきます。

スポンサーリンク

変数の型について(基本データ型・参照型)

まず、変数(基本データ型参照型)の違いについてまとめてみます。

変数とは、データの内容を記憶する役割を持ちます。変数には色々な型が存在しており、その型の種類を大別すると基本データ型(プリミティブ型)と参照型(リファレンス型)に分かれます。

基本データ型は数字や文字の値を直接保持していますが、参照型は直接データを保持しておらず、参照先を参照することでデータを取り扱っています。

ここで、基本データ型はメソッドを持っていないという特徴があります。

参照型はインスタンス宣言によりインスタンス化することでメソッドを呼び出してデータを処理することができるのです。(オブジェクトとして扱うことができる)

そこで、基本データ型でもオブジェクトとして扱うことができるように用意されたものがラッパークラスという訳です。ここでラッパーとはwrapper(覆うもの)を意味しています。

ラッパークラスの一覧

ラッパークラスは基本データ型をオブジェクトとして扱うためのクラスです。ラッパークラスの一覧を表でまとめてみます。

基本データ型ラッパークラス
boolean Boolean
byte Byte
charCharacter
intInteger
longLong
shortShort
doubleDouble
floatFloat

ラッパークラスの使い方

例として、Integerクラスの使い方を紹介します。下に記述例を示します。

//int型の宣言
int i = 10;

//ラッパークラスのインスタンス化
Integer integer1 = new Integer(i);
//簡略化(オートボクシング)
Integer integer2 = i;

基本データ型からラッパークラスへの自動変換をオートボクシング(Autoboxing)といいます。反対にラッパークラスから基本データ型への自動変換をアンボクシング(Unboxing)といいます。

その他のクラスも上と同様に扱えます。

ラッパークラスを使うメリット

ラッパークラスで実現できることにメソッドを使えることが挙げられます。

例えば、数値を文字列に変換するtoStringメソッドは、int型の変数では使えませんがInteger型で使用することができます。

まとめ

今回はラッパークラスについてまとめてみました。

スポンサーリンク
Dim雑記
タイトルとURLをコピーしました