Java|isLowerCaseメソッドで小文字かどうか判定する

isLowerCaseメソッドで小文字かどうか判定するプログラミングの知識
プログラミングの知識

CharacterクラスisLowerCaseメソッドを使うことで、文字が小文字のアルファベットかどうかか判定することが出来ます。

このメソッドはJavasilver SE11の黒本でも出題されているメソッドです。

スポンサーリンク

isLowerCaseメソッドの書式

isLowerCaseメソッドは、以下の様に記述します。

//isLowerCaseメソッドの書式例
Character.isDigit(数字);

文字を比較して小文字であればture、そうでなければfalseを返します。戻り値の型はboolean型です。

メソッドの使用例【サンプルコード・出力結果】

メソッドの使用例をサンプルコードで示します。

サンプルコードを以下に示します。

public class IsLowerCaseTest {

	public static void main(String[] args) {

		// a,Aがそれぞれ小文字かどうか判定する
		System.out.println(Character.isLowerCase('a'));
		System.out.println(Character.isLowerCase('A'));

		System.out.println(Character.isLowerCase('0'));
		System.out.println(Character.isLowerCase('あ'));

	}

}

出力結果をサンプルコードで示します。

true //「a」の判定
false //「A」の判定
false //「0」の判定
false //「あ」の判定

まとめ

今回やったことのまとめです。

ポイント
  • isLowerCaseメソッドで文字が数字かそうでないのか判定することができる
  • アルファベットであればture、そうでなければfalseを返す
  • 戻り値はboolean型で返る

以上がisLowerCaseメソッドの使い方になります。

スポンサーリンク
Dim雑記
タイトルとURLをコピーしました