Java|HashMapの特徴と基本的なメソッドの使い方

HashMapの特徴と基本的なメソッドの使い方プログラミングの知識
プログラミングの知識

今回はコレクションMapインターフェイスに実装されているHashMapクラスの特徴と、その基本的な使い方について紹介します。

スポンサーリンク

HashMapの特徴と記述例

HashMapは「キーと値をセットとした要素の集合」を扱うクラスです。特徴を以下に示します。

HashMapの特徴
  • 1つの要素にはキーが含まれる
  • 要素の重複を許さない
  • 要素の順番は保持されない
  • null」を格納できる

HashMapは以下の様に記述します。

//HashMapのインスタンス化
HashMap<ラッパークラス,ラッパークラス> 変数名 = new HashMap<>();

//キーと値がString型のHashSetのインスタンス化の例
HashMap<String, String> 変数名 = new HashMap<>();

変数型にはラッパークラスを使う必要があります。変数型はキーと値で別々な型を宣言することが可能です。

HashMapの基本的なメソッド

HashMapで使われる基本的なメソッドを紹介していきます。

要素の追加:putメソッド

要素を追加するにはputメソッドを使います。

変数名.put(キー,値);

要素の取得:getメソッド

値を取り出すにはgetメソッドを使います。

変数名.get(キー);//キーに対応した値が取り出される
スポンサーリンク
Dim雑記
タイトルとURLをコピーしました