Java|deleteCharAtメソッドで文字列から文字を削除する方法

deleteCharAtメソッドで文字列から文字を削除するプログラミングの知識
プログラミングの知識

文字列から文字を削除するにはStringBuilderクラスdeleteCharAtメソッドを使うことができます。

この記事ではメソッドの使い方を紹介します。

スポンサーリンク

deleteCharAtメソッドの書式

deleteCharAtメソッドは以下の様に記述します。

/*deleteCharAtメソッドの書式*/
文字列.deleteCharAt(数字);

文字の位置を数字で指定し、文字列からその文字を削除した文字列が返されます。文字の位置は最初が0になります。

数字に文字数より大きい数字を入力するとStringIndexOutOfBoundsExceptionのエラーが発生します。

メソッドの使用例【サンプルコード・出力結果】

メソッドの使用例をサンプルコードで紹介します。

サンプルコードを以下に示します。

public class DeleteCharAtTest {

	public static void main(String[] args) {
		
		//文字列ABCDEから2の位置の文字を削除して出力する
		StringBuilder str = new StringBuilder("ABCDE");
		System.out.println(str);
		System.out.println(str.deleteCharAt(2));
	}

}

サンプルコードの出力結果を以下に示します。

ABCDE
ABDE

2行目では文字列「ABCDE」の位置2の文字である「C」が削除され「ABDE」が出力されています。

まとめ

今回やったことのまとめです。

ポイント
  • deleteCharAtメソッドで文字列から文字を削除できる
  • 指定する文字の位置は最初が0になる

以上がdeleteCharAtメソッドの使い方になります。

似たメソッドに文字列から文字を取得するStringクラスcharAtメソッドがあるので注意しましょう。

スポンサーリンク
Dim雑記
タイトルとURLをコピーしました